MENU

派遣薬剤師なら仕事とプライベートを両立できる

薬剤師派遣 市川市

昭和薬科大学を卒業し、パートナーと同棲中の薬剤師ななみです。
卒業後は病院薬剤師として6年ほど勤務し、現在派遣薬剤師として1年になりました。

 

もともと神奈川県から外に出たことがありませんでしたが、転職を機に東京都へ転居し、千葉県市川市を中心に働いています。

 

派遣薬剤師として初めて薬局で働いていますが、薬局ごとに色々なルールに悪戦苦闘しながら色んな患者さんや薬剤師やスタッフと巡り会い刺激的な一期一会を体感しています。

 

働かないと給料が入らないのは当たり前なのですが、祝日などでお休みが増えたときに給料もガクッと減ったのを見たときは派遣薬剤師として働く厳しさも痛感しました。

 

ただし勤務日数が確保できれば仕事量と給料のバランスは給料の方が高めかなと思うほど満足しています。私が派遣薬剤師として仕事とプライベートを両立できるまでをお伝えできればと思います。

 

派遣薬剤師になろうと思った経緯

薬剤師派遣 市川市

私が派遣薬剤師になったのは色々な状況が重なったからです。

 

一つ目は病院薬剤師としての給料と仕事量が比例せず、労働条件に不満を徐々に持ち始めていました。
定時ではもちろん帰ることができず、残業は増えるばかり。業務はやりがいがあるし、職場の仲間にも恵まれていたので環境としては文句なしでしたが、今後家族が増えた時を思うと収入面はかなり不安でした。

 

二つ目は親の介護です。介助が必要なほど重度ではありませんが、病院の診察の付き添いや身の回りの掃除洗濯などの家事は家族で分担してもある程度必要で、病院勤務との両立は時間的にも体力的にも厳しい状況でした。

 

最後に現在のパートナーとの同居です。親が病気になる前から話には挙がっていましたが、状況が少し落ち着いたため同棲を検討し始めました。同棲するのであれば同棲先は相手の住む東京都であったため働いていた病院を続けるのは無理でした。

 

三つの状況が重なり自然と転職しようと思い、退職時は一番無難であろう親の介護と同棲を理由に退職しました。

 

最初から派遣薬剤師として働くつもりはなかったのですが、同棲後しばらくしてから転居する予定があったので、転職サイトの方からパートとして転々とすると履歴書で記載するときに印象が悪くなるため、派遣の方が派遣会社のみの記載になり印象がいいとアドバイスを受け、派遣薬剤師として働くことにしました。

 

もともと派遣薬剤師の自由な働き方には憧れていて、海外旅行が好きな私にとっては願ったり叶ったりなお話でした。今では海外旅行は難しいですが、周りの友達薬剤師とお休みの都合も合わせやすいので、病院のときより友達と遊ぶ機会が増え、プライベートも充実してます。

 

また、薬局だと何年も勤めていれば飽きてくるのではないかと心配だったので、一定期間で職場が変わるのは私にとっては魅力の一つです。私の周りには派遣薬剤師として活躍中の人や元派遣薬剤師の人が何人か居たので、派遣薬剤師に抵抗はありませんでした。

 

薬剤師派遣サイトの見つけ方

自分でも転職サイトの口コミを見ながら転職サイトに登録せずに求人を探していましたが、派遣薬剤師経験のある方々からアドバイスを頂き、とりあえず派遣薬剤師経験のある先輩から勧められた転職サイトのファルマスタッフアプロに登録しました。

 

薬剤師派遣 市川市

登録翌日に二社とも電話連絡が来たのは驚きました。両社とも時給や雇用形態、希望勤務地から勤務時間まで一通り聞かれました。

 

アプロは電話で「今の条件に合う薬局は何件で…」と伝えてもらえますが、担当者によっては私の条件がイレギュラーなこともあり、何度も電話で条件を伝えるため正直面倒だなと思っていました。お話を聞いている限り持っている求人件数は多く、対応も迅速でした。

 

一方ファルマスタッフは一週間後直接面談したいということで、薬剤師免許を持って後日自宅に近いファルマスタッフの船橋営業所で面談を行いました。
ファルマスタッフ船橋営業所は、ハローワーク船橋第二庁舎と同じ建物(船橋スクエア21ビル)に入っているのでわかりやすいかと思います。1階にミスタードーナツが入っているビルです。

 

私の場合、同棲するため転居先の担当の方がわざわざ来てくれて、電話では話せなかった家庭の事情や私の薬剤師経験を丁寧に聞き取ってくれました。

 

薬剤師免許は面談中にコピーを取られます。直接面談をすることで勤務条件やこれからのライフイベント等将来を見据えたところまで包み隠さずお話しすることができました。面接時にパソコンの画面を一緒に見ながら今の希望に沿うような薬局を提示されます。通勤するまでの時間などを調べながら話を進めるのでイメージが具体的でかなり参考になりました。

 

薬剤師派遣 市川市

担当者にもよるのかもしれませんが、私の担当者の方は薬局での状況や近隣の医療機関の情報も合わせて教えてくれました。実際の求人とかなりかけ離れた勤務状況だからここはおすすめしないなどきちんと理由も説明してくれて助かりました。

 

私はネットで求人を調べてもどれも同じで、場所と時間さえ合えばいいかと思っていましたが、周りの医療機関や勤務薬剤師人数、医療事務がいるかいないかはかなり重要なポイントだと今になって実感しています。薬局で働いたことがない私にとっては、患者層が地域によって異なるとも初めて教えてもらったことの一つです。

 

地域よって県民性みたいなものがあって、私の場合、都内で働くのかと思っていましたが、市川市のお隣の江戸川区は場所によっては下町感が強く初めてなら経験を積んでから勤務しましょうと言われました。市川市は大きな病院もいくつかあり、東京都からの処方箋なども応需しており、患者さんも穏やかな方が多いとのことでした。

 

こういった情報は転職サイトだからこそ教えてもらえるものだと思うので、安心して転職するには転職サイトの活用しない手はありません。実際に働いてみて、処方箋は薬局によってかなり差がありますが、患者さんは人懐こく服薬指導時もよくお話してくださる方が多かったので情報も正しかったです。

 

ファルマスタッフの面談で派遣薬剤師として決めたので、ファルマスタッフの社員としての福利厚生や社会保障などの入社説明を受けました。拘束時間は二時間以上だったと思います。

 

私が実際に登録した薬剤師派遣サイト

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

 

私が実際にお世話になったのがファルマスタッフです。

 

担当者の方はとても親切で、勤務先の情報や近隣の医療情報、患者層など丁寧に教えて下さり、とても助かりました。

 

>>ファルマスタッフの公式サイトはコチラ

 

 

【ファルマスタッフ船橋営業所】
住所: 千葉県船橋市本町2-1-1 船橋スクエア21ビル6F
TEL: 047-495-1600

 

 

アクセス方法:
JR船橋駅からなら徒歩7分、京成船橋駅からなら徒歩5分ぐらいです。船橋第二庁舎と同じ建物(船橋スクエア21ビル)です。

 

アプロ

アプロ

 

求人件数も多く、対応も迅速でよかったのですが、残念ながら今回はご縁がなく、登録しただけで利用はしませんでした。

 

でも、機会があればお願いしたいと思うぐらい担当者の方もよかったです。

 

>>アプロの公式サイトはコチラ

 

 

【アプロドットコム 東京オフィス】
住所: 東京都中央区京橋1-14-7 京橋中央ビル2F
TEL: 0120-192-161

 

 

アクセス方法: JR各線・東京メトロ丸の内線の「東京駅」からだと八重洲南口から徒歩8分、
東京メトロ銀座線の「京橋駅」からだと6番出口から徒歩4分、
都営地下鉄浅草線「宝町駅」からだとA7出口から徒歩3分です。

 

実際に派遣で働いてみて

 

派遣先は勤務開始日の一ヶ月ほど前から決まり、私の複雑な労働条件はすべて満たしてくれた薬局になりました。一度見学ということでファルマスタッフの担当者と一緒に訪問するのですが、見学と言いつつ99%決定しています。

 

一通りの処方箋内容や調剤機器などを実際の店舗で質問しながら見学します。見学後契約書を記入し、勤怠や休みの取り方などを教えてもらいその日は終了です。

 

そして実際に働く訳ですが、担当者の方に薬局で働くのが初めてで、派遣薬剤師としても初めてなので、派遣薬剤師を受けたことがある薬局にしてもらったので普通に働くことができました。
ただ、私は勤務条件が複雑なので、かなりプライベートなことを聞かれまくります。勤務年数が長い方々が多い職場であれば尚更根掘り葉掘り聞かれます。

 

薬剤師派遣 市川市

派遣薬剤師は同じ場所に一定期間以上勤務し続けることはダメなので、その場だけの関係として割り切っていく必要があります。派遣だからといって特に業務を制限されることは今までありませんでした。ただ発注など薬局にある程度勤務していないとわからないことは行いません。私は色々な薬局の業務内容が知りたかったので、積極的に調剤監査以外でも仕事をさせてもらいますが、比較的どの業務も快く教えてくれます。

 

基本的に忙しい薬局や規模が大きい薬局は、鑑査後投薬が業務としては多い印象です。また、あくまでも派遣であるため、経営や業務方針に違和感があっても郷に入っては郷に従う必要があります。

 

契約期間も私の場合は2、3か月更新のため、万が一職場が合わなくても我慢することができますし、短い間でも様々な方に会えるので勤務地が変わった後も仲良くさせてもらっています。私は幸い、職場が合わないことは一度もありませんし、広く浅い関係がちょうどよく思っています。

 

はじめて派遣薬剤師をする方へ

薬剤師派遣 市川市

薬局薬剤師として働いたことがある方は、派遣先が薬局であることが主なので問題はないかと思いますが、私のように病院経験しかない人は最初が肝心です。転職サイトの方には薬局が初めてで、レセプトや一人薬剤師を行わなければならない薬局は控えてもらうのが無難です。

 

また、条件提示は譲れない部分があるのなら細かく提示し、そこから妥協していきましょう。担当者の方の経験にもよりますが、大まかに決めていざ仕事をすると自分が思い描いていた勤務条件とかけ離れる場合があります。

 

派遣薬剤師として気持ちよく働くための心がけとして、派遣先のスタッフと時給の話はしないことが秘訣です。パートと派遣だと倍近く時給が異なり、ぎくしゃくしてしまう可能性があります。金額を聞かれても少なめに答えておくか、話題を変えてやり過ごしましょう。

 

そして派遣先ではそこがルールです。以前働いていたところとルールが違うのは当たり前なのでまずはルールやマニュアルを確認することが大切です。

 

最後に、派遣薬剤師として数か月しか勤務しない薬局だとしても働くならば全力で働きましょう。高い時給を貰っていることももちろんありますが、一生懸命業務をこなしていると、薬局長など役職者に勤務内容を評価され、正社員やパート雇用などスカウトされやすくなります。現に私も有難いことに、何回かスカウトされたことがあります。普通の求人より条件は良いものになりますし、お互い知っている仲なので間違いなく働きやすいです。

 

逆に、初めからパートや正社員として働き始めると、実際に中の様子が分からないため人間関係や、勤務条件が実は違っていたなどのトラブルを防ぐことができます。派遣薬剤師からパートや正社員として働くならば印象が良いことに越したことはありませんので誠心誠意で臨みましょう。

 

ざっくり派遣薬剤師として働く経緯を書きましたが、派遣薬剤師の醍醐味はなんと言っても自由な働き方です。今やりたいことを我慢して働いている方、介護や子育てなどで心身ともに疲れているのに頑張って仕事と両立されている方は特に派遣薬剤師として働くということを前向きに検討して欲しです。